このページは、Zen Japan とお客様の交流の場として、お客様の困り事やご質問、お客様の声、お役立ち情報、Blogなどをご紹介しています。

こんなことでお困りではないですか?

創業して5年で事業が上手く軌道に乗ったけど、次の展開を決めていない。
社員の帰属意識やモチベーションが低い。
税金を沢山払ってるのだから、公的制度(補助金など)を積極的に使いたい。
創業後、事業が思い通りにいっていない。何が問題なのか分からないので自信が持てない。

お気軽にお問い合わせください。03-6403-5180受付時間 9:00-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

【無料動画】ECに失敗しない「7つの基本」

よくあるご質問

変化の速い時代に、中期計画を作る必要がありますか?

はい、変化が速い時代だからこそ、中期計画を作る必要があります。

変化が速く、情報が溢れる世界において、会社も個人も外部環境に流されやすい時代です。冷静に現状分析を行い、目指すべき姿と現状の差異を明らかにすることで、ブレることなくアクションを取ることが可能になります。

特に当社は現状分析をしっかり行うことで、目指すべき姿と現状の差異を可視化し、適切な課題設定を行うことに強みを持っています。

中小企業なのに、中期計画を作る必要がありますか?

はい、中小企業だからこそ、中期計画を作る必要があります。

経営リソース(人・モノ・金)を潤沢に持つ大企業は、外部環境の変化が多少変化しても耐えられます。

一方、経営リソースの少ない中小企業は外部環境に依存する割合が強く、適切な現状認識をしなければ、舵取りを間違うリスクがあります。

経営計画を作成するメリットは何ですか?

中小企業白書で発表された資料では、「経営方針と目標が明確になった」及び「自社の強み・弱みを認識できた」との回答がそれぞれ約7割となっています。

補助金申請で気を付ける点はありますか?

補助金申請で気を付ける点には、以下の2点があります。

1)専門家の視点で確認することが採択への近道

補助金は国の政策目標を実現するための手段です。その為、いくら素晴らしい事業計画を書いても、国の意図と合っていなければ、採択されません。これが申請すればほぼ確実に受給できる「助成金」と大きく異なる点です。

補助金制度の性質上、採択される基準を理解した上で、審査・加点項目、全体のストーリー、実現可能性などを専門家の視点から確認することで採択される計画書にブラッシュアップできます。

2)補助金は資金調達の「手段」に過ぎず、「目的ではない」

補助金はあくまでも必要な事業を行うための資金調達の方法です。補助金を採択されるために、現実とあまりに乖離した事業計画を作成した場合、例え採択されても、実行できないケースが発生するリスクがあります。「補助金を目的化」することは危険です。

補助金制度は、「後払い」のシステムです。採択・交付決定後にすぐに資金が振り込まれるわけではありません。必要経費をまずは自己資金・金融機関からの借入で賄う必要があります。
日頃からの金融機関との付き合いが重要な上、資金繰りに強い専門家の支援を受けることも重要なポイントです。

お気軽にお問い合わせください。

お客様の声

イカラシ空調株式会社 代表取締役社長 五十嵐様

弊社は、2012年創業の空調設備の施工・設置・改修を行う会社です。
尾亦さんは過去に大手空調メーカーで勤務されていたこともあり、一般コンサルタントの方には馴染みのない空調工事業を深く理解頂けました。
また、最後まで親身になってきめ細かに支援頂いたことで、初めての大型補助金申請で採択してもらうことができました。
尾亦さんが弊社の事業に寄り添ってくれる姿勢が印象的でした。これからも引き続きよろしくお願いします。

株式会社トップグローバル 代表取締役 金城様

尾亦さんにはとてもお世話になりました。実は他のコンサルの方にお願いしたものの、弊社に寄り添って頂くことができなかった経緯がありました。
尾亦さんは、穏やかな物腰で真摯に話を聞いて頂き、弊社の意向に寄り添って頂けたことで安心してお話することができました。また、何より仕事のスピードが速かったことが印象的でした。
この度、補助金の申請でご支援を頂きましたが、事業はこれからがスタートです。これからも引き続きご支援頂ければと思っております。

ブログ

お知らせ
「起業お助け隊」を発足~士業など専門家集団でのコラボ企画
お知らせ
【45日→15日】DXの力。事業継続力強化計画で『電子申請』を使ってみた
お知らせ
「創業後に使える補助金ってありませんか?」(お客様からの問い合わせ)
お知らせ
災害時に備えた想定はできてますか?【事業継続力強化計画のご紹介】
お知らせ
事業復活支援金についての情報 (1/18時点版の発表)
お知らせ
ミュージシャンの鶴久政治さんに取材頂きました